onokou factory

ZOIDS、ガンダム、ミリタリー模型を中心とした模型制作ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

次回作 

こんばんは!

早いもので、ZAOD展示会2014から1ヶ月以上経ちましたね。

ZAODの公式HPでも展示会のレビューがUPされているようです!

自分の作品は、「Dスタ アイアンコングイエティ」と「HMMコマンドウルフLC」が好評を頂きまして、頑張って作った甲斐がありました(*´∀`*)

そして、自分でもビックリですが、すでに模型を作るヤル気が復活しているので、そろそろ制作に取り掛かります。






DSC_1162_R.jpg


はい。ダークホーンです。

でもガトリング砲も付いてないし、むしろ装備はレッドホーンのとほとんど変わりません。

というのも、これ余り物で作ったレストアものなんですw

他の武装は他のものに使ったり、途中まで作ったは良いものの、失敗して放置していたり・・・(´Д`;)

そのへんは知ってる方は知っているって感じですねw

ですが俺はそのような後ろめたい過去と決別し、コイツを作ることにしました!

今回も大掛かりな改造はしないので、基本工作と塗装で勝負です。

既にカラーレシピは考えてあるので、まずは表面処理や合わせ目処理をしばらくはやっていく予定です。

HMMはとにかく時間がかかるキットなので、こだわる部分はこだわって、手を抜くところは手を抜いてやっていきます。








にしても、背景紙なし&素組みの写真だとゴチャゴチャ感が半端ないっすねw

ではでは~。



category: ゾイド

TB: 0    CM: 0   

2014 

遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます!!

本年もよろしくお願い致します(>_<)

なかなか更新出来ないでいますが、今年も何とか時間を見つけてモデリング&ブログUPをやっていきたいと思います。





さてさて、年末はゴジュラスで盛り上がりましたが、それとは別に、タカラトミーモールからコマンドウルフRGC(レールガンガンカスタム)が届きましたよ。

予約したのが8月くらいだった気がするので4ヶ月待ったことになりますね(^_^;)

レールガンウルフ1_R

まずは箱絵から。白黒のパッケージになっています。

そして今回はワタクシ、2個買いしてしまいました(^^ゞ

このレールガンカスタムは、他にもドラゴンヘッドを装備した「ザッパ隊長」に換装させることができるので、どうせならパッケージのように、2種類並べてみようかなと。







レールガンウルフ8_R

まずはレールガンカスタムから。

ノーマルのコマンドウルフから随分印象が変わっていて個人的にはかなりカッコイイと思います。





レールガンウルフ11_R

特徴的な狙撃スコープ。

先端のカメラは回転させることが出来ます。それも螺旋状に回転するので、回転すると同時に前後にも動くんですよ。

てっきり固定されてるものだと思ってたら、意外なところにギミックがあったのでオドロキでしたw

ど、どうしちゃったんだタカラトミー・・・。まさかこんな手の込んだことしてくるとは思ってなかったです(゚o゚;;

そして前脚のシールドも印象的です。このパーツは丁寧に塗り分けがされていました。






レールガンウルフ9_R

レールガンは前後に収縮させることが出来ます。その他にも、レールガンの接続基部が前後にスライドするギミックもありました。

レールガンを伸縮させるのが面倒だったので、もう常に伸ばした状態にしてますw

そして塗り分けが丁寧にされているのもグッドですね(^-^)

レールガンと腰のトランスミッションは、コマンドウルフ本体と一体化するようなデザインで、いわゆる「ポン付け」ではありません。





レールガンウルフ12_R

斜め後ろから。

トランスミッションと、後脚のスタビライザーが印象的です。

スタビライザーはピントが合ってないです(^_^;)





レールガンウルフ13_R

横から。

パッケージの様に、狙撃スコープを上げてみました。

とある妹達も普段はこんな感じでしたよねw(分かる人には分かるでしょう






レールガンウルフ4_R

お次はザッパ隊長機。

基本的な装備はアーバイン仕様コマンドウルフと同じですが、頭部のデザインが大きく変更されています。

スモークディスチャージャーも丁寧に塗り分けがされてました。






レールガンウルフ5_R


ドラゴンヘッド。通常通りに頭部を組み立てた後に、キャノピーの上からこのパーツを被せます。

しかしこの状態ではコックピットを開くことは出来ません。

ま、一度組み立てたらコックピットなんて開いたりしない人間なので、自分は別に構わないんですけどねw

このパーツも丁寧に塗り分けがされてます。

ゲートの跡が残ってしまうので、そこだけ後でリタッチするといいかも知れません。






DSC_0556_R.jpg

ここでリンク先のユミヤシさんのコンセプトアート風コマンドウルフに登場してもらいましょう。

本家タカラトミーから発売される前にこれを作っていたんスもんね…

この複雑な形状の頭部を自作されていたということに改めて凄いなと感じました(>_<)







レールガンウルフ6_R

死刑台(笑)とも言われているキャノン砲のコックピットですが、レーダーが追加されたことによって操縦士の命が守られる仕様になりました!w






レールガンウルフ7_R

首を下げた状態が好きです。







レールガンウルフ3_R

そんな訳で、コマンドウルフRGCとザッパ隊長機のレビューでした。

タカラトミーオリジナルのゾイドではこれが初購入ですが、当初予定されていた5番目のゾイドがいつの間にかサイトから消されていたりしているので、今予約中のストームソーダーが発売されたら、それでシリーズ終了???なんですかね(´・ω・`)

とりあえずこのキットに関しては、各所に想像以上のギミックがあったり、塗り分けが丁寧にされていたりと、久々にタカラトミーの本気を見せてもらったような気がします。







さて、お次はゴジュラス…といきたいところですが、これは後日ということでw

category: ゾイド

TB: 0    CM: 0   

ゴジュラース!! 




ついに我が家にもHMMゴジュラスがやってきました(´∀`)

ウワサには聞いていましたが、ホント桁外れなデカさですwww

上に置いているMSSシールドライガーと比べると大きさが分かるかと!

これは素組みするだけでも何日かかるんだろ・・・(´・ω・`)

仕事が休みの時にでも少しずつ進めていきたいですね。何日かかるか分かりませんがw

そしてアマゾン先生で既に15000円を切ってるようなので2体目の購入も考えています。

ライガーゼロみたいに何回も再販されるとも限らないですし(´・ω・`)

というか再販なんてするのか・・・???

絶版とまでは言われてないですが「数量限定生産」って言われてますからね。

だけどコイツ、置き場所のことを考えて買わないと大変なことになるので、まずは置き場所確保してからですね。





DSC_0817_R.jpg

最近、HMMモルガを購入してました。

ストレート組みで塗装までしようと思っていますが、どんなカラーリングにしようか悩んでいます。

渋めのつや消しで仕上げるか、メタリックでド派手に仕上げるか・・・。

パッと思いつくようなカラーリングだと、たいてい他の方が既にやってしまってるんですよねw

ヤったもん勝ちってやつですね(´∀`)♪

とりあえずコイツに取り掛かるのは年明けですかねー?







DSC_0824_R.jpg

もちろんディスペロウもやってます(`・ω・´)

・・・って、もう年末だよおオオオオォォォォォォ(´Д`;)

まずい・・・最初はフォトコン用に作っていながら、それに間に合わないと分かった途端にペースダウンして今に至るだなんて・・・_| ̄|○

でも今日は、写真の3連キャノンを作り直していました。

ぶっちゃけ、ここがめんどくさくて手が進まなかったんですよね。

プラパイプを6本もピッタリ同じ長さに切り出すのが億劫だったもので(^^ゞ

まぁ、やり始めたら結構早かったんですがw

とりあえず写真に写してる状態で3連キャノンの作り直しはOKってことにします!

プラパイプの直径とか長さも良い感じだと思うので。

実は納得のいく形になるまで2回ほど作り直したんですよね(´Д`;)

この程度の工作でこんな苦戦するとは・・・

やはりプラ板、プラ棒工作は苦手です(´;ω;`)

でもここが納得のいく形にまでなったので、作業も残りわずかです!!

今年はディスペロウを完成させて、年越しをしますかね。

category: ゾイド

TB: 0    CM: 0   

え、もう年末? 

こんばんは。

またまた更新が開いてしまいました(^_^;)

最近は模型とは別の趣味の方で充実してたり、相変わらず仕事で忙しかったりと、ディスペロウの制作が滞っていました。

でも最近ようやっと時間とやる気が出来たので塗装作業を進めましたよ。






DSC_0805_R.jpg
DSC_0803_R.jpg
DSC_0800_R.jpg

ディスペロウのイメージカラーである青色を塗装しました。

前回の記事では何故か変なオリジナリティーを出そうとして、水色に塗って失敗してましたが、そこから色を重ねて立ち直しましたwww

もともとこういうカラーなんだからカッコ良くなって当たり前ではあるんですけどねw





閑話休題(^^)





とりあえず基本色となる青色をブワーっと吹き付け。

ここではハイライト塗装を後回しにすることにしたので、本当にブワーっという感じで、何も考えずにベタ塗り。

今まではそのベタ塗りが自分にとって当たり前であったんですが、ハイライト塗装をやるようになった今では、ずいぶん楽な作業に感じてしまいました(´・ω・`)

そして基本色の塗装完了後、その基本色にホワイトを足していき、それをパーツの面中心部に向けて細吹き。

写真では分かりづらいかも知れませんが、白く塗装したパーツよりも自然な感じでハイライトを入れることが出来たと思います。

白く塗装したパーツは、まだまだ「わざとらしい感じ」がするので、まだ塗装を重ねる必要がありますね(`・ω・´)











DSC_0797_R.jpg
脚のパーツも基本色の上から、基本色にホワイトを加えた色でハイライトを入れました。

場所によってはビミョーに終わったところもありますが、基本的に上手くいったと思います。

面の中心以外にも、日光の当たりそうな箇所、当たらなそうな箇所、地面からの跳ね返りで当たりそうなところをイメージしながら塗装するとリアルになるし、楽しいですね♪

グレー系の色は、薄い色を吹き重ねるとあっという間に色が乗ってしまうので、逆に色が乗りすぎないように最新の注意を払いながら塗装しましたよ(´Д`;)

でもとにかく、ハイライト塗装は「自然に見えること」が第一だと思うので、わざとらしくない感じに仕上げて行きたいですね!








さて、これから塗装を重ねてリアリティーを追求しなければならないパーツもありますが、もう全部のパーツに基本色は吹き終わってるので、適度なところで決着をつけたいところ(`・ω・´)

category: ゾイド

TB: 0    CM: 1   

パーツ数が少ないって素晴らしい 

こんばんは~

今日も塗装作業少しだけ進めました。


ツノ、ヒヅメ、肩装甲にスターブライトアイアンを吹き付けました。

この色は見る角度によって黒っぽく見えたりシルバーっぽく見えたりするので、写真撮るのが難しいです(^_^;)

ちょっと写真写り悪いのですが、金属の重量感は出せたと思います(^ω^)





10-24@23-07-23-33_R.jpg
ディスペロウといえば青色っていうイメージですが、少しズレて水色系の色で塗装してみました。

・・・が、これが本当に自分が塗りたかった色なのかビミョーなところです(。-_-。)

とりあえずまだ色が確定してないので、今回はベタ吹きしただけで終了。

おそらく次回塗装する時に、もう少し濃い色で塗装すると思います。

・・・というか普通にブルーにするかもw

オリジナルカラーはイメージが確定しない状態でやると失敗しそうですねw

ハイライトを入れるのは基本色が確定してからですね。

では今回はここまでー。

なんか今回は内容がアッサリですなw

category: ゾイド

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。