onokou factory

ZOIDS、ガンダム、ミリタリー模型を中心とした模型制作ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

一夏さんハーレムすぎんだろ 

こんばんは~。タイトルは無視して下さいw

ザオキャンのレポも終わったので、ディスペロウの制作記事に戻ります(`・ω・´)

本塗装に突入して、いよいよ追い込みをかけます(`・ω・´)

今週の中頃は台風が来て大変でしたが、今日は天気が良かったので塗装をしましたよ。


とりあえず1週間くらい前にベースグレーを吹き直していました。

一回目のベースグレーを吹いた後にまたヤスリがけ等をしていたので。

ベースグレーにしては黒味が強くなってしまいましたね(^_^;)







DSC_0769_R.jpg
いよいよ本塗装です。

今回は初めてハイライト塗装にチャレンジします!(`・ω・´)

DSC_0779_R.jpg
やってみました。

初めてやった割にはイイ感じじゃないですか!?ヾ(*´∀`*)ノ








DSC_0770_R.jpg
このパーツも・・・

DSC_0784_R.jpg
こうなる(`・ω・´)







DSC_0788_R.jpg

DSC_0781_R.jpg

他のパーツもどんどん塗っていきます。

しかし今までのようにベタ吹きと違って、かなり繊細な塗装作業になるので1パーツにかかる時間がどうしても長くなってしまいますね。

けどHMMではないのでパーツ数も少なく、1パーツ1パーツを丁寧に塗っていくことができそうです。


DSC_0790_R.jpg

今日3時間ほど塗装作業して、実際に塗装できたのはこのくらい。

実際には、これの他にちょこっとだけ塗装したパーツがあるんですが、そっちはすごく中途半端な状態で今日は時間切れになってしまったので、そっちは割愛~。

1パーツだけ見るより、こうして今日塗装したパーツ群をまとめて見てみると、陰影を残して塗装できてる感じがしますね!

ハイライト塗装は今までしたことが無かったので、いつもお世話になってるゾイダーの方々からアドバイスをもらったり、サイトで調べたりして今日実際にやってみた訳ですが、そこまで気を張らなくても出来ることが分かりました。

むしろ気持ち的には、わざと塗り残すような感じでしたね。

面の中心部に点(もしくは線)を書いていく感じで、面の大きさに応じてハンドピースの塗料噴出量を調節してやってみました。

レギュレーターのエア圧はかなり下げます。

そして必ず塗装する面に対してハンドピースは直角に向けること。こうしないと点ないし線を書くのを失敗してしまいます。

塗装する面が小さければ小さいほど、ハンドピースを直角に向け、正確に面の中心部に塗料を噴出する必要があります。

あと次回からは塗料の希釈濃度をもう少し薄くしたいと思います。

今日はベタ吹きする時と大して変わらない濃度で塗装していたので、途中塗料が詰まることが何度かありました。

エア圧を下げた状態で細吹きをしているんだから当たり前ですね(^^ゞ









そんな感じで今日の作業はここまででした。

次回はディスペロウのイメージカラーである青色を塗っていきます(`・ω・´)

青色部分も、もちろんハイライト塗装を行う予定です。

その他の角や爪なども塗っていかないとですね。

ではまた!

スポンサーサイト

category: ゾイド

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://various13modelling.blog.fc2.com/tb.php/23-b615bec1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。