onokou factory

ZOIDS、ガンダム、ミリタリー模型を中心とした模型制作ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

ブラックレドラー製作中 

はい、そんな訳で本日2回目の更新です。

前回のゴリアテが完成して早々ですが、早速次回作に入っています。

今回はブラックレドラーを製作します!(=゚ω゚)ノ

ブラックレドラーはゾイドのアニメに登場して、一応キット化はされてますが追加武装などは付いてなく、ただの色変え商品だったという残念なキット、、、^^;

昨年のワンダーフェスティバルで、それをなんとガレージキットで販売した方が居まして、購入しておいたんですよね。

それをタカトミから発売されていたレドラーに取り付ける形になります。

よくレドラー持ってたな俺!!笑





簡単な工作をしました。
段落ちモールドをピンバイスで開口。
これだけでもパーツが引き締まって見えます!





20150806231748bb1.jpg




201508062317463dd.jpg



20150808214735ae7.jpg
パーツ数が多く無いので早速塗装に入りました。





201508082147346bf.jpg
なんか既に完成が見えてるような!笑
ブラックレドラーは名前の通り、本当は本体色が真っ黒なのですが、それはちとツマランと思ったので、雰囲気は残しつつオリジナルカラーで塗装!





そんな訳でブラックレドラー製作開始ですというお話しでした。
けど、こりゃ次の記事で完成しちまうな笑
今回も、良い意味で時間をかけないで製作していくつもりなので、サクサク作っていきましょう。
ではでは〜

スポンサーサイト

category: ゾイド

TB: 0    CM: 0   

ゴリアテ製作中 

ゾイドコンセプトアートで登場するゴリアテを製作中です。

このキットは昨年のワンフェス『諸刃の剣』さんのブースで購入したものです。

私の模型史上初のガレージキット製作ですよ。


表面処理をだいぶ進めました。気泡との戦いです。


2015070413583670f.jpg
脚は真鍮線を差し込む事で強度を上げています。これのおかげでかなりガッチリ接続できています!


201507041358327ae.jpg
1枚目の写真の状態から少し手を加えました。
モノアイを付け、その他にもディテールアップパーツを各所に付けました。これからさらに増えるかもw


201507041358357f8.jpg
後ろから。
ところどころ黒い斑点がありますが、これは黒い瞬着で気泡や段差を埋めているからです。


そんな訳で、ゴリアテ製作は続きます。
なるべく工作は早めに終わらせて、早く塗装に入りたいです!
今月末にはワンフェスもあるので、それまでには完成させたいです。

category: ゾイド

TB: 0    CM: 0   

デザートホーン製作中。それと道具についての考察。 

こんばんは~。

デザートホーンの制作を続けています。

前回の記事でマスキングによる砂漠迷彩をご紹介しましたが、どーしてもマスキングテープだけでは滲み出てしまっているところや、はみ出してしまってるところが多々ありまして、その手直しをしてました。




写真上では全く代わり映えしないっすね(´・ω・`)

でもこれをしないことには先に進めないので、この作業を消化出来ただけでも良かったです。

このパーツにハイライトを入れていきますよー!





DSC_1426_R.jpg


メタリック部分も塗装完了しています。

ここからウォッシングして、半つやグリアーでコートする予定!

あ、そういえば、たまに「onokou君ってメタリック塗装得意そうだよね」って言われますが、全然そんなことないです(^^;;

見よう見まねでやってるだけですよ((((゚Д゚))))








DSC_1425_R.jpg

ここからは製作ではなく道具の話をちょこっとしようかと。

上の写真は、「猫の爪とぎ」を自分で加工して使ってる塗装ベースです。

市販の塗装ベースも長く使ってますが、個人的に一番使いやすいのは上の写真のやつの方ですね。

理由は、「塗装の持ち手」を刺す穴が小さいので、ピーンとまっすぐ立てることが出来るからです。

市販のだと、「塗装の持ち手」がグラグラ動いたりするので、塗装したパーツがガチャガチャぶつかっちゃうんですよね。

そんな訳で、上の写真のやつが一番気に入ってます。

HMMを塗装していると、塗装の持ち手もですが、それを刺すスペースも凄く必要になるので、もう一つ「猫の爪とぎ」を買ってこようかなと思ってますよ。





DSC_1429_R.jpg

最近は100円均一で、塗装に使う消耗品を買っています。

上の写真の左から、ミニマドラー。右はマヨネーズケース。

ミニマドラーは塗料をかき混ぜたりするのに使ってます。もちろん、調色する時にも使ってます。調色スティックも持っていますが、毎回それをキレイに吹いたりするのが面倒だったので、使い捨てのコイツを使ってますよ。

マヨネーズケースは、塗料を入れたり、調色したりするのに使います。

市販の塗料皿も使ってますが、あれ皿の深さがあまり無いので、うすめ液を入れたりするとよく溢れそうになるんですよねw

マヨネーズケースだと深さもありますし、市販の塗料皿と値段もほとんど変わらないので、まとめ買いしてます。

ちなみに、こいつには蓋も付いてるので、塗装を一回中断する時に便利ですね。

最近は空気が乾燥してるので、塗料を空気にさらしたままにしてるとすぐ水分が蒸発しちゃうんですよヽ(´Д`;)ノ

あとは小さくて細かいパーツを入れて取っておくのにも良いかも知れません。





DSC_1431_R.jpg

塗料皿・・・じゃなくて、マヨネーズケースの大きさはこんな感じw

塗料皿だと思ってるのは俺だけかw

ただ、プラスチック製なので、塗料とかシンナーで犯される素材ではありますね。

塗装をしていると、こういった消耗品が発生するので、使いやすさとコストパフォーマンスを考えて買っていきたいですね。

先の塗装ベースもそうですが、模型店で売られてるものじゃなければ模型が作れないかって言うと、決してそんなことはなくて、場合によってはこんな風に全然違うものを転用したりした方が使いやすくて安く済んだりする事ってよくあると思うんですよ。

例をあげようかなとも思いましたけど、それじゃあそれ使ってる人とかメーカーさんとかに失礼なので、例をあげるのはやめておきます。(←勝手w

まぁ、それは自分がある程度、作品を作り出したことのある身だから見えてきた部分だと思うんですが、どうにも最近模型用のマテリアルで、「そんなの買わなくても模型作れるじゃん」って思うようなものが増えてきてる気がするんですよね。

偉そうなこと書きましたが、自分もそういうのに頼ってる部分はあるのかとw

偉大なモデラーさん方から言わせれば、自分なんかもまだまだ「買わなくても済む物」に頼ってるんだろうなとは思いますねw

実際、模型店行ってそういうの見てるだけで楽しかったりしますしw

ただ、あまり模型に詳しくない人とか、パチ組み以上の事を初めてしようとしている人たちが余計な出費をしないことを切に願うだけですね。

いや、余計って言ったら失礼ですね。

模型業界廃れてしまっちゃ困るし(´Д` )

でも逆に、初心者にも使い方が分かりやすいように売られているっていう見方も出来るので、一長一短なのかなと。

ま、そういうのから入門して、慣れてきて次第に、そういうのに頼らなくても出来る方法とか見えてくると思うので、捉えようですかね。

そんな事を思った今日この頃でした。







では、今日はここまで~








category: ゾイド

TB: 0    CM: 0   

デザートホーン製作中 

どもです!

製作が少し進んだので写真をあげていきます。







内部フレーム。
ダークグリーンで塗装後にハイライトを入れました。
左が基本塗装を終えた状態。
右が、それにハイライトを入れた状態。
ちょっとばかしハイライト入れすぎたかも知れないですね(^^;;
でもまぁ、スミ入れとかしてない現状でも陰影が付いたので良しとします。
左のより右の方が良いでしょ?








装甲の方も塗装を進めていきます。


DSC_1359_R.jpg
下地にマスキングテープを張ります。
あと一部マスキングゾルも使ってます。


DSC_1415_R.jpg
上からダークイエローを吹き付け。
マスキングテープを剥がすとこんな感じ。
迷彩模様が現れました。







DSC_1370_R.jpg
頭部のパーツも…


DSC_1411_R.jpg
こうじゃ!









DSC_1407_R.jpg
これも・・・


DSC_1414_R.jpg
こうじゃ!
ついでに迷彩模様の他の部分も一緒にマスキングして塗り分け完了!






とりあえず基本塗装はほぼ全て終えることが出来たので、内部パーツ同様に各所にハイライトを入れたり細かい塗り分け等をこれからしていきます。

そろそろ完成させないと、俺の気力と体力も磨り減ってきててヤバイぜ・・・(;´Д`A

でもハイライト塗装やってテンションが結構上がったので、なんとか持ちそうですw

では、完成までもうしばしお付き合い下さいませ。

あ、ちなみに自分が何作ってるか、もう分かる方はお分かりですよね??

「レッドホーン砂漠迷彩仕様」です!!

でも「レッドホーンの砂漠迷彩仕様って言うくらいだったら、デザートホーンで良いんじゃね?」って思ったので、デザートホーンでいきますw

ありきたりだけどwww

あ、そうそう、迷彩模様が虎っぽく見えたので、「タイガーホーン」でもいいかwww

うわ、だっせぇwww

やっぱりデザートホーンにします(`・ω・´)

それでもあんま名前カッコ良くないけど。





ではまた~

category: ゾイド

TB: 0    CM: 0   

俺の8月が終わった(・ー・) 

こんばんは~。

記事を書く程のネタがないまま8月が終わっちゃいましたwwww

昨年もでしたが、今年の夏も仕事ばかりしてて、あまり遊んでなかったように思えます。

せっかくの20代これで良いのかよ俺ー?゚(゚´Д`゚)゚

その分模型製作が進んでいれば良かったのですが、そっちもあんまり進んでません_(:3 」∠)_

なんだか今年の夏は雨ばっかり降ってて、さっぱり塗装が出来ないでいたんですが、それでも何とかサフまで吹くことが出来ました。






サフを吹くことで、表面処理したパーツがキレイになっていくのは楽しいです。

やっぱり、表面を軽くヤスっただけでも、塗料の乗りが良くなる感じがします。







それと最近、塗装の時に使うハンドピースを100本にまで増やしたんですが、写真で見るとあんまり多く感じないかもしれないですね。

これでもハンドピース100本の他に竹串も使ってるんですがヽ(´Д`;)ノ


twitter4.jpg


HMMを塗装までするとなると、やっぱり100本くらいはあった方が良いですね。作業効率も良くなりますし!

というか、これくらいのパーツ量があると、とにかく作業効率を高めないと、いつまでも完成しないですw






そういえば最近、数年前にパチ組みしたきり仕舞っていたHMMプテラスを発掘しましたw

そして勢いでガトリングを装着~。

twitter2.jpg


アニメ版ではブラックプテラスという名前で登場し、バンとジークが乗ってシンカーの群れを無双し、ウルトラザウルスを守っていたシーンが印象的でした。

こいつを自分なりに製作していきたいと思います。

ダークホーンが終わってからですが。

でもこいつはダークホーンと一緒に飾れる作品に仕上げたいと思います!

というのも、ちょっとしたヴィネットを製作しようと思っているので、ダークホーンとプテラスが対決している風景を表現できたら良いなーと考えております。







では、今回はここまで。

ツイート内容のおさらいみたいな記事になってしまったw

次回更新する時には、もう少し作業進んでいると思います!

category: ゾイド

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。